治療法が選べる

歯科器具

歯列矯正とは不正歯列を矯正治療で修正することです。不正歯列をデンタルクリニックで歯列矯正することで、見た目が美しくなります。また、歯磨きがしやすくなったり、食べ物が噛みやすくなったりするので、健康面でもいい影響が出てきます。 歯列矯正はちょっと前はブランケット治療が普及していましたが、最近は審美性を重視した矯正装置が普及してきています。それというのも大人になってから歯列矯正をする人が増えたためです。歯の矯正をしていても問題なく社会生活ができるような、見た目ではわからない矯正装置の需要が高まっているのです。 欧米では当たり前の歯列矯正ですが、日本でも歯の美容意識が高まるにつれて、歯列矯正をする人が今後も多くなっていきそうです。

歯列矯正は歯科医の指示を守って行う事が重要です。指示を守らずに矯正装置を外してしまったり、通院するのをさぼってしまうと矯正期間が長引いてしまいます。そして長引けばそれだけコストもかかります。 歯列矯正をしているときに虫歯になってしまうと、いったん矯正を中止しなければならなくなります。そうすると矯正期間が長引きます。従って食後のブラッシングがとても重要になってきます。矯正装置をつけたままだとブラッシングをするのが大変ですが、隅々まで時間をかけて磨き、歯を常に清潔に保つように心がけることで虫歯予防ができます。 今はマウスピース矯正などブラッシングをするときに自由に取り外しができる矯正装置も登場しています。